• ホーム
  • ピルを服用すると抜け毛・薄毛になると聞いたけど?

ピルを服用すると抜け毛・薄毛になると聞いたけど?

2020年03月20日

ピルには避妊効果や生理周期を整えるといった効果があるため、服用したいと考えている女性もいるでしょう。女性に有効な薬の一種ですが、実は髪の毛に影響があると指摘されることもあります。ピルを服用した場合、抜け毛や薄毛になってしまうという話を聞いたことがあるかもしれません。髪の毛というのは女性にとって大切なものですし、抜け毛や薄毛といった副作用があるなら服用を躊躇ってしまうでしょう。

確かに抜け毛や薄毛はピルの副作用の一つとして挙げられます。しかし、実際にはピルの成分がそのまま髪の毛に影響するわけではないと知っておきましょう。ピルはあくまでも体内の女性ホルモンに作用する薬であり、抜け毛や薄毛を進行させるといった作用はありません。ですが、髪の毛が生え変わるサイクルには女性ホルモンが深く関わっているため、ホルモンバランスが変化することで抜け毛や薄毛といったトラブルが起こってしまうことは考えられます。

特に女性ホルモンの一種であるエストロゲンは髪の毛に関わるホルモンです。このエストロゲンが健康的な髪の毛の成長をサポートしており、エストロゲンの分泌量が多い人は抜け毛や薄毛になりにくいということです。また、妊娠中は普段よりも女性ホルモンの分泌量が増えるため、髪の毛が丈夫になって抜けにくくなるとされています。

ピルを服用すると体内の女性ホルモンの量が増えるため、妊娠中と同じような状況となります。これによって排卵を抑制するという仕組みですが、抜け毛の量を減らすことにも繋がります。そのため既に薄毛が進行していた場合、ピルで薄毛を改善できるといったことも考えられます。

ピルは基本的に抜け毛や薄毛を増やすのではなく、これらの髪の毛のトラブルを改善する働きがあると言えるでしょう。しかし、飲み始めたばかりの時には注意が必要です。ピルを飲み始めると急激に女性ホルモンが増えるため、ホルモンバランスが乱れやすくなります。そして、ホルモンバランスが乱れることにより、一時的に薄毛が進行する可能性はあります。

また、ピルの服用をやめた時にも注意が必要です。今まで補ってきた女性ホルモンが一気に少なくなるため、それに伴って抜け毛も増えてしまいます。これは妊娠後に抜け毛が増えるのと同じ仕組みであり、薄毛が目立つようになってしまうことも考えられます。このような理由があるため、ピルの飲み始めや服用をやめるタイミングには注意が必要です。