お知らせ
最新の投稿
考えている女性

女性は年齢と共に、思春期と性成熟期、更年期、高齢期を経験することになります。一般的には50歳前後で閉経を迎えますが、この閉経の時期を挟んだ前後10年間のことを更年期と呼んでいます。

女性は年齢を重ねるごとに卵巣の機能が低下してしまうため、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が急激に低下してしまいます。結果としてホルモンバランスが乱れやすくなりますし、更年期障害として心身にさまざまな不調が出てくるということです。

更年期障害の原因とは

日本人の女性が閉経を迎える年齢は50歳前後と言われています。そのため更年期と呼ばれる年齢は45~55歳の約10年間です。もちろん閉経する年齢には個人差もありますし、中には40代前半から更年期に入る人もいるということです。逆に50代半ばで閉経するという女性もいます。

更年期障害の原因と言われているのが女性ホルモンの分泌量の低下です。女性ホルモンは女性にとって無くてはならないホルモンであり、卵巣から分泌されています。まずは、脳の視床下部から性腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌され、次に脳下垂体から卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンが分泌されることになります。それらのホルモンの刺激により、卵巣からエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが作られるという仕組みです。

女性ホルモンの分泌量は年齢によってかなり変化します。エストロゲンの分泌量が最も多いのは18~40歳くらいまでであり、40歳を過ぎるとどんどん減少していきます。さらに、閉経の前後になると急激に減少するため、更年期障害を引き起こすということです。一般的にエストロゲンの減少は40代後半頃に始まると言われていますが、30代などもっと早く始まる人もいますし、逆にもっと遅いという人もいます。

閉経の時期やタイミングなども人によって異なります。50歳前後で急に生理が来なくなる人もいますが、少しずつ経血の量が減っていくこともあるでしょう。更年期になると卵巣の機能が低下するため、エストロゲンの分泌量が減少します。

脳の視床下部はエストロゲンを増やすため、性腺刺激ホルモン放出ホルモンを分泌し、脳下垂体からは性腺刺激ホルモンを分泌させることになります。若くて健康な女性の場合、性腺刺激ホルモンの働きでエストロゲンの分泌量が増えることになります。

しかし、高齢の女性は卵巣の機能が低下していますし、性腺刺激ホルモンがどんなにたくさん分泌されても、エストロゲンの量が増えることはありません。そのような状態を繰り返すことにより、ホルモンバランスや自律神経のバランスが乱れやすくなります。結果として更年期障害を引き起こし、体や心にさまざまな症状が出てしまうということです。

更年期障害の症状

更年期障害の症状としてはまず、のぼせや火照りといったものが挙げられます。これらは代表的な症状の一つであり、急に顔が熱くなったり、汗が大量に出てしまうというものです。更年期になると自律神経を上手く調節できなくなりますし、血管のコントロールがきちんとできなくなるため、このような症状が出てしまうということです。

頭痛も更年期障害の症状の一つです。更年期になるとエストロゲンの分泌量が低下するため、脳血管の血管壁の痙攣や収縮が起こりやすくなります。頭の一部が痛い場合もありますし、頭全体が痛い場合や肩こりを伴うなど人によって症状はさまざまです。

疲れやすいというのも更年期障害特有の症状です。周りの人からはなかなか理解してもらえませんが、何もやる気が出ないという場合や疲れてだるいといった症状がある場合は更年期障害かもしれません。治療を開始することにより、少しずつやる気が出てきます。

不眠も更年期障害の症状の一つです。更年期になるとエストロゲンが減少することにより、自律神経のバランスが乱れてしまいます。結果として寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなってしまうことに繋がります。

動悸や息切れも更年期障害の症状として知られています。特に激しい運動をしたわけでもないのに、急に動悸がする場合や息が苦しくなる場合は更年期障害と言えるでしょう。このような症状もエストロゲンが減少し、自律神経が乱れることで起こってしまうものです。治療を受ければ改善しますが、良くならない場合は他の病気が隠れていることもあるので注意しましょう。

眩暈は年齢を重ねるごとに起こりやすい症状です。血管のコントロールが上手くできないことが原因ですが、更年期障害の症状として起こることもあります。急に立ち上がった時や体の向きを変えた時などに眩暈が出ることがあるため、横になってゆっくり休みましょう。

また、更年期障害では精神的な症状が出ることも多いです。感情の起伏が激しくなるため、ちょっとしたことで不安になったり、イライラしやすくなるでしょう。ホルモンの変化は感情の起伏とかなり深く関係しているため、うつ状態になってしまうこともあります。ちょっとしたことで気持ちが落ち込んでしまったり、何も見ても感動できなくなるということです。

症状の改善として、ホルモン補充療法にて使われる卵胞ホルモン薬を服用するのも良いでしょう。最近では卵胞ホルモンの薬としてプレマリンが人気です。病院に行って処方箋としてもらうのも煩わしさで、敬遠されがちですが、通販サイトですと、手軽に時間に縛られず購入出来るなどメリットも多いです。プレマリンは通販することができるので、気になった方は調べて購入してみるのが良いでしょう。